すまいる不動産 > すまいる不動産株式会社のスタッフブログ記事一覧 > マイホーム購入資金はどのぐらいが適切?年収別で見る住宅ローンの目安

マイホーム購入資金はどのぐらいが適切?年収別で見る住宅ローンの目安

≪ 前へ|子育てファミリーに優しい!鶴見区の大阪市立「鶴見図書館」   記事一覧   不動産購入の際に必要な手続き「名義変更」についてご紹介!|次へ ≫

マイホーム購入の際に最も大きな問題となるのは、予算をいくらにするかということです。

 

今回は、マイホーム購入を検討している方に向けて、年収によって購入できる物件価格の目安をご紹介します。


マイホーム購入

 

年収によってマイホーム購入のための住宅ローン借入可能額はどう変わる?


住宅ローンの借入可能な金額は、金融機関によっても異なりますが、全期間固定金利の「フラット35」でシミュレーションすると、年収別の借入可能な金額は以下の通りになります。

 

※金利1.3%(元利均等)、返済期間35年、他の借入なしとして計算

 

   400万円…3,935万円

 

   500万円…4,918万円

 

   600万円…5,902万円

 

こうして見ると、年収のおよそ10倍の金額が借りられるということがわかります。

 

そしてマイホームの購入金額は、頭金+住宅ローンの借入額によって決まります。

 

しかし、貯金をすべて頭金にしたり、ローンを限度額いっぱい借りたりしてしまうと、その後の生活に余裕がなくなってしまいます。

 

病気による入院や子どもの教育費、老後の貯金などのことを考え、ある程度は手元に貯蓄を残しておきましょう。

 

住宅ローンについても、多少ゆとりのある金額を月々の返済額とする方が、無理なく生活できます。


年収別で考える!無理せず返せるマイホーム購入の住宅ローンの金額とは


先ほど、フラット35のシミュレーションを用いて借入可能なローン金額を計算した結果、年収のおよそ10倍までは借り入れることができると判明しました。

 

しかし、手元に資金を残しつつ無理なく返済していくことを考えると、住宅ローンは年収の56倍、毎月の返済額が年収の20%以内になることが理想的です。

 

よって、年収別の無理なく返せる住宅ローンの目安は、下記の通りとなります。

 

金利1.3%(元利均等)、返済期間35年として計算

 

   400万円…2,259万円(月6.7万円)

 

   500万円…2,833万円(月8.4万円)

 

   600万円…3,372万円(月10万円)

 

なお、年収が1,000万円の方なら、5,632万円(月16.7万円)まで借り入れることができます。

 

これに頭金を足した金額が、購入できる物件価格の目安となります。


住宅ローン


まとめ


マイホーム購入の際は、無理のない資金計画に基づいて予算を決めることが重要です。

 

豪華な家を建てても、その分生活が苦しくなったり、最悪の場合返済できなくなって家を手放すことになったりしてしまっては、元も子もありません。

 

各家庭の家族構成によっても、将来必要になるお金は変わってきますので、長期間返済し続けられるかという視点からもしっかりシミュレーションをした上で必要な資金を決めましょう。

 

大阪市城東区・鶴見区で一戸建てやマンションの購入をお考えなら、すまいる不動産までお気軽にお問い合わせください

≪ 前へ|子育てファミリーに優しい!鶴見区の大阪市立「鶴見図書館」   記事一覧   不動産購入の際に必要な手続き「名義変更」についてご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る