すまいる不動産 > すまいる不動産株式会社のスタッフブログ記事一覧 > マイホーム購入は新築?中古?どちらがオトク?

マイホーム購入は新築?中古?どちらがオトク?

≪ 前へ|リフォーム済の中古物件にはメリットがいっぱい!   記事一覧   不動産売買時に支払う仲介手数料は消費税がかかる!その計算方法は?|次へ ≫

マイホームの購入。

 

大きな買い物なので、やっぱり慎重に選びたいですよね。

 

また、物件選びの際に新築か中古で悩んでいる方も多いことでしょう。

 

それぞれにメリット・デメリットがあるため、それらを把握したうえで物件を決めるのが安心です。


今回は新築・中古の違いに注目したいと思います。


新築・中古どっち

 

新築と中古の違い①新築物件のメリット


 

新築物件は、最新の構造や設備が最大の魅力と言えます。

 

耐久性や耐震性を兼ね備えた物件が多く、バリアフリーに対応していたり、設備も最新のものを導入しているため、快適な新生活をスタートすることができます。

 

そのうえ住宅ローンなど税制面でも得することが多いのが、新築物件のメリット。

 

例えば住宅ローンの控除も、新築であれば敷地面積や所得など一定の条件を満たせば控除が受けられ、不動産所得税や固定資産税の減税もあります。

 

また、新築物件にはアフターケアも充実しています。

 

10年間の保証期間があるので、例えば期間内に構造的に重要な部分に欠陥が見つかった場合には、補修などを無料で受けることができます。

 

新築と中古の違い②中古物件のメリット


新築物件と中古物件の違いは金額面です。

 

住宅の価格は立地や設備によって違いがありますが、基本的には新築で売り出している時の価格が最も高く、同じ条件であれば価格は必然的に中古物件の方が安くなります。

 

また、中古物件の場合すでに建物があるため物件の内見ができ、購入の決定がしやすいでしょう。

 

その他、立地の面も中古物件の方が物件数が多いので希望の物件を見つけやすいメリットがあります。

 

新築と中古の違い③新築物件のデメリット

 

一方、新築物件のデメリットは、中古物件とは違い内見ができない事が多い点です。

 

新築の場合は建物の建設途中で販売されることが多く、完成前に契約が決まる事が多いので、下見が出来ないまま契約を結ぶことになります。

 

また、新築物件に掛かる消費税は、中古物件よりも高くなります。

 

新築と中古の違い④中古物件のデメリット

 

中古物件のデメリットは、その名の通り建物が中古である点です。

 

新築と違い、誰かが住んでいた物件になるので、多少の汚れや劣化などはつきものです。

 

しかし最近はDIYが流行っており、中古物件を自分好みにリフォームして暮らすこともできます。

 

しかしDIYでリフォームを行う場合、住宅ローンにプラスの金額が掛かってくるので注意しましょう。

 

また、物件購入時の諸費用も、中古の方がやや高めになります。


中古物件


まとめ

 

いかがでしたか?

 

新築物件と中古物件のメリットデメリットについてご紹介しました。

 

どちらも違った魅力があるので、不動産購入の際にはその点にも注目して不動産探しを行ってみてはいかがでしょうか。


すまいる不動産株式会社では、大阪エリアの新築・中古物件を多数ご紹介しています。


「出来るだけ綺麗な物件がいい!」「手ごろな物件を見つけたい!」そんなご希望があれば、お気軽にスタッフまでご相談下さい。


皆様の理想の住まいをご提案いたします。

≪ 前へ|リフォーム済の中古物件にはメリットがいっぱい!   記事一覧   不動産売買時に支払う仲介手数料は消費税がかかる!その計算方法は?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る